シャープがザウルス「SL-C860」のソフトウェアを最新版に書き換えるアップデートソフトを公開

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

シャープがザウルス「SL-C860」のソフトウェアを最新版に書き換えるアップデートソフトを公開

■トピックスの内容


シャープは、ザウルス「SL-C860」の本体ソフトウェア ROM を最新のものに書き換えるアップデートソフトを「Zaurus Support Station」にて公開した。今回のアップデートは、本体の ROM バージョンが「1.10JP」「1.20JP」「1.30JP」「1.31JP」の SL-C860 を対象にしたものだ。アップデートの内容は以下の通り。

1、京セラのモバイルネットワークサービス「KWINS for PDA(Zaurus)」に対応
2、FOMA P2402 対応ソフトを収録
3、メールアップデートソフトを収録
4、PC リンク設定の「USB ストレージ方式」で「SD カード」を選択していると、SDカードに書き込めなくなる現象を改善
5、オンラインユーザー登録ソフト「まず初めに」の製造番号入力欄で、英字の入力に対応

なお、アップデートを行う際には、64MB 以上の空きがあるメモリーカード(SD、CF)が必要になる。メインとなるのは KWINS for PDA への対応だが、一部不具合の修正も含まれているので、該当するユーザーは今すぐアップデートを行おう。


シャープがザウルス「SL-C860」のソフトウェアを最新版に書き換えるアップデートソフトを公開


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)