無線LANスポットとPHSデータ通信が使い放題、b-mobile ONEが発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

無線LANスポットとPHSデータ通信が使い放題、b-mobile ONEが発売

■トピックスの内容


日本通信は、コンパクトフラッシュ型の PHS データカードに、無線 LAN スポットと PHS データ通信料、インターネット接続料などがワンパッケージになった「b-Access ONE」を 4 月 20 日に発売する。利用期間別に 6 ヵ月タイプの「b-mobile ONE 6 ヵ月パッケージ」、1 年タイプ「b-mobile ONE1年パッケージ」があり、 期間中は、無線 LAN スポットと PHS データ通信が使い放題となる。価格はオープンプライスとなっているが、実売予想価格は「b-mobile ONE6ヵ月パッケージ」が 55,500 円前後、「b-mobile ONE1年パッケージ」が 94,500 円前後の見込みとなっている。

本製品で利用できる無線LANスポットは、全国 3,000 箇所(無線 LAN を利用する場合は、別途無線 LAN 内蔵のパソコン、無線 LAN カードが必要)。PHS データ通信は DDI ポケットの回線を利用しており、32kbps の通信速度を持つ電波を、最大 4 波まで同時に利用できるマルチリンク方式を採用している。

また、パッケージには無線LANとPHSの 2 つのネットワークを一括コントロールする専用ソフト「b-Access ONE」が付属しており、無線 LAN と PHS どちらの環境下でも簡単にインターネット接続ができる。また、「ユーザー定義機能」を設定することで、社内の無線 LAN や家庭内の無線 LAN にワンクリックで接続できる機能も搭載する。

そのほか、1 年間の通信料がセットになったコンパクトフラッシュ型 PHS データ通信カード「b-mobile U50C2」も発売される。こちらは、無線LANスポット 1 日利用毎に、PHS 利用期間 4 日分と等価交換できる。価格はオープンプライスであるが、実売予想価格は 52,500 円程度となる見込み。


無線LANスポットとPHSデータ通信が使い放題、b-mobile ONEが発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3742d)