PDA にもやってこい! 三洋電機が従来比1/2の消費電力を実現した液晶駆動技術を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

PDA にもやってこい! 三洋電機が従来比1/2の消費電力を実現した液晶駆動技術を発表

■トピックスの内容

三洋電機は、低温ポリシリコン TFT 液晶の消費電力を従来比の 1 / 2 に抑える駆動技術「Smart DIDM」を発表した。

この技術は、画面のちらつきに強いが消費電力の高いドット反転駆動方式の発展系となるもので、省電力化は、周波数を 60MHz から 30MHz に下げる方法で実現している。通常であれば、電力を下げることでフリッカーノイズ(液晶のちらつきの原因となる)が発生するのだが、 Smart DIDM では、フリッカーをドット上に発生させることで、これを抑えている。

同社は、2005年第1四半期には、この技術を用いた携帯電話ディスプレイを量産する意向を明らかにしている。まずは携帯電話やデジタルカメラからということだが、モバイル向けの省電力技術となれば、PDA ユーザーも注目せずにはいられない。ぜひとも Pocket PC などにも導入をお願いしたいものである。


PDA にもやってこい! 三洋電機が従来比1/2の消費電力を実現した液晶駆動技術を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3768d)