富士通Pocket LOOXに、PocketPC 2003搭載の新機種が登場!無線LAN内蔵・20時間駆動など大幅な強化を実現

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

富士通Pocket LOOXに、PocketPC 2003搭載の新機種が登場!無線LAN内蔵・20時間駆動など大幅な強化を実現

■トピックスの内容


PocketPC参入は後発ながら、早期からBluetooth内蔵など独自の路線を歩んできた富士通Pocket LOOXシリーズ。その新機種が「Pocket LOOX FLX3AW/FLX3A」として登場した。

最新OSであるPocketPC 2003を搭載し、半透過型TFT液晶の搭載、128MBの内蔵RAM(上位機種)、無線LAN/Bluetoothの両通信機能内蔵(上位機種)、交換可能なバッテリによる20時間駆動など、現行のPocketPC中最強レベルのスペックを誇る。筐体デザインも一新され、従来の丸みを帯びたデザインから直線的な印象を強めた。機能面が強力な一方で本体は重量級になっており、199g(上位機種)189g(下位機種)となっているのがやや残念だ。

なお、予想販売価格は上位機種(ワイヤレス機能搭載モデル)が65,000円前後、下位機種が55,000円前後となる見込み。どちらのモデルも店頭販売されるとのことで、PocketPC 2003モデルの選択肢がまた一つ広がった。長時間駆動と通信機能の内蔵により、ヘビーな業務用途にも応えることができるだろう。今後の展開が楽しみだ。


富士通Pocket LOOXに、PocketPC 2003搭載の新機種が登場!無線LAN内蔵・20時間駆動など大幅な強化を実現


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3829d)