CD-Rで記録面に文字・イラストを焼きこもう!

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

CD-Rで記録面に文字・イラストを焼きこもう!

■トピックスの内容

2月15日、ヤマハは、CD-Rを利用して、CD-Rメディアの記録面の方に文字や絵を焼きこんでしまう技術を発表した。これまで、CD-R のラベル面にプリントすることができるプリンタや、シールなどは多数発売されてきたが、CD-R の記録面に描画する技術は初めて。

CD-R面では、記録の際のレーザーパワーの変化によって、反射率が異なってくる。こうした特性を元に、CD-R ドライブのレーザーを特殊なドライバで制御することによって実現した。ちなみにこの技術で文字や、絵を焼き込んだ部分はもちろん記録領域としては使えない。ただし、外周に、自社名、ソフトの名前、ロゴ等を焼きこんで、内周を記録領域として利用することなどができる。

PowerPoint のプレゼンテーションファイルの巨大化にも伴って、オフィスでの CD-R 利用も増えてきているが、顧客に配布したりする際に、ワンポント差をつけることのできるおの仕組み非常に面白い。残念なのは、このドライバを利用するには、専用の CD-R ドライブが必要になってしまうところ。ただ、価格次第では今後の標準機能のひとつにもなりえると思われるだけに今後に期待が持てる。


CD-Rで記録面に文字・イラストを焼きこもう!


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)