ノート PC「FlyBook」の CDMA 1X WIN 対応通信モジュール内蔵モデルがいよいよ販売開始

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ノート PC「FlyBook」の CDMA 1X WIN 対応通信モジュール内蔵モデルがいよいよ販売開始

■トピックスの内容


欧州で人気のノート PC「FlyBook」を国内向けに販売しているダイアローグ・ジャパンは、KDDI と共同で開発を進めてきた新型 FlyBook (昨年 9 月に発表) の販売を、本日より同社ショールームとオンラインショップ“FlyBook-Store(フライブック・ストア)”、販売店において開始した。

今回発売されるのは、8.9 型ワイドタッチパネル液晶ノート「FlyBook V5」と 12.1 型ワイド液晶ノート「FlyBook VM」の 2 モデルで、いずれも下り最大 2.4Mbps (上り最大 144kbps) でのデータ通信が可能な KDDI の通信モジュール「KCMP」 (京セラ製) を内蔵している。

発売を記念して、2 月 9 日までにいずれかの製品を購入 / 予約し、au パケット通信サービスを契約したユーザーを対象に、2 万円をキャッシュバックするキャンペーンも予定されているとのことだ。申込の締切は 3 月 14 日となっている (当日消印有効) 。


ノート PC「FlyBook」の CDMA 1X WIN 対応通信モジュール内蔵モデルがいよいよ販売開始


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3797d)