IBMから紙一体型ノートパソコン「TransNote」発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

IBMから紙一体型ノートパソコン「TransNote」発売

■トピックスの内容

日本IBM は、ノートパソコンに、手書き入力機能付のレポートパッドを一体型とした、新コンセプトのノートパソコン「ThinkPad TransNote」を、5月11日に発売した。

TransNote の最大の特長は、手書きレポートパッドを左側か、右側かに配置した目新しいデザインだ。各ニュースリンクとも、さまざまな本体写真が掲載されているので、ぜひその目新しさぶりをチェックしてほしい。

小型のノートパソコンが流行する中、この「TransNote」は、重量が 2.4kg と、Apple のノートパソコン並みに重い。また、価格も 30万円以上となかなか高価だ。しかし、パソコンと紙の利点を組み合わせると言うコンセプトは非常にユニークだ。紙に書いた内容は、パソコンに転送し、デジタルデータとして活用できる。オフィスなどでパソコンを使いながらも、メモ用紙はなくてはならないものという人も多いだろう。そういう人には仕事の効率化に役立つかもしれない。

ちなみに、この「TransNote」の手書きノート部分は、「CrossPad」そのものだ。


IBMから紙一体型ノートパソコン「TransNote」発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3797d)