Research In Motion が Intel 製プロセッサを搭載した「BlackBerry 8700c」を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Research In Motion が Intel 製プロセッサを搭載した「BlackBerry 8700c」を発表

■トピックスの内容


カナダの Research In Motion は、高速 EDGE ネットワークをサポートした初の BlackBerry となる「BlackBerry 8700c」を、米国時間の 11 月 21 日より、Cingular Wireless の独占で販売することを明らかにした。

同端末は、850 / 900 / 1800 / 1900MHz の GSM / GPRS と EDGE ネットワークをサポート。CPU には、BlackBerry シリーズとしては初めて Intel の PXA 901 プロセッサの 312MHz を採用しており、320×240 ドット 6 万 5,000 色の高解像度液晶、QWERTY 形式のキーボード、64MB Flash / 16MB SRAM を備える。バッテリは、着脱可能な容量 1,100mAh のものを採用しており、待ち受けは 384 時間、連続通話は 4 時間となっている。また、Bluetooth 2.0 にも対応しており、ヘッドセットとカーキットの利用が可能。

もともとがメールとスケジュール管理がメインのページャーとして誕生した経緯もあり、抜群に使いやすく快適なメール機能を持つ BlackBerry 。2000 年に Qualcomm から CDMA ライセンスを取得して以降、音声通話に Web にと、どんどん高機能化している。ぜひ日本でも同様の端末に登場してきてほしいものだ。


Research In Motion が Intel 製プロセッサを搭載した「BlackBerry 8700c」を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3770d)