BB モバイルが携帯電話を認証キー代わりにするセキュリティシステム“SyncLock”を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

BB モバイルが携帯電話を認証キー代わりにするセキュリティシステム“SyncLock”を発表

■トピックスの内容

BB モバイルは、NTT ドコモ、au、ボーダフォンなど、既存の携帯電話と パソコン 上のアプリケーションを認証サーバを介してシンクロさせることで、データの暗号化処理を行う認証システム“SyncLock”を発表。同システムを活用したサービスの第 1 弾として、10 月 17 日より個人でも利用可能な“SyncLock Personal”の提供を開始した。利用料は、6 ヵ月契約が 3,300 円、1 年契約が 5,160 円、2 年契約が 9,360 円となっている(いずれも税込)。

同システムは、従来高度な暗号化処理に利用されていたバイオ認証とは異なり、高額な投資を必要としないのが特徴。パソコン側にアプリケーションをインストールするだけで利用可能になる。認証強度も、携帯電話をキーとする単純なものから、携帯電話のバイオ認証機能と組み合わせたより高度なものまで、複数の条件で調節可能なマルチ認証を搭載している。

なお、BB モバイルは、同システムを利用したサービスの第 2 弾として、2006 年 4 月から法人向けサービス“SyncLock Enterprise”の開始も予定している。SyncLock Personal および SyncLock Enterprise の両サービスは、10 月 19 日から東京・六本木ヒルズで開催予定のイベント“OKI 情報通信融合ソリューションフェア 2005”などでデモが行われるとのことだ。


BB モバイルが携帯電話を認証キー代わりにするセキュリティシステム“SyncLock”を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3705d)