NTT ドコモが 1.7GHz 帯に対応した FOMA 基地局用装置と評価用端末の開発を発表

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

NTT ドコモが 1.7GHz 帯に対応した FOMA 基地局用装置と評価用端末の開発を発表

■トピックスの内容


NTT ドコモは、1.7GHz 対応の FOMA サービス基地局用の装置および評価用の携帯電話端末を開発し、評価試験を開始したことを明らかにした。

今回発表された基地局用装置は、2GHz 帯 FOMA サービス用に導入した基地局用装置をベースにしたもので、信号の変復調および増幅を行う“屋外増幅変復調装置”のみを 1.7GHz 帯向けに変更している。端末も、現行の FOMA 端末をベースにしており、1.7GHz 対応の無線モジュールを組み合わせて試作したものとなっている。


NTT ドコモが 1.7GHz 帯に対応した FOMA 基地局用装置と評価用端末の開発を発表


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3768d)