Palm互換のハンドスプリングから薄型PDA「Visor Edge」登場

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Palm互換のハンドスプリングから薄型PDA「Visor Edge」登場

■トピックスの内容

Palm互換機を製造・販売しているハンドスプリングは、$399 で厚さが 1.1cm の「Visor Edge」を発表した。
 注目すべきはそのデザイン。PalmV には負けるかもしれないが、写真を見た限り、既存の PocketPC 端末よりもかっこいいと認めざるをえないデザインに仕上がっているようである。既存の Visor はプラスチックの筐体で、失礼ながら安っぽさを感じたが、今度の「Visor Edge」はそれを感じさせない。

 こうした「Visor Edge」の薄さやデザインの美しさは、Visor の最大の特徴であった「スプリングボード」スロットを取り外したことによる。
 実物を見ていないので断言はできないが、拡張スロットを設けないことで、こうしたデザインが実現できるのであれば、PocketPC でも次世代機種では、同じようなデザイン・コンセプトのマシンが登場することを期待してしまう。

 今回の「Visor Edge」は、価格も、カシオペア E-700 や、GFORT、HP jornada548 並みの価格となるようだが、売れ行きの方はいかに?


Palm互換のハンドスプリングから薄型PDA「Visor Edge」登場


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3768d)