病院でも活躍――オリンパスが医療機関向けハンディターミナル「PT1046」の Windows CE.NET 4.2 版を発売

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

病院でも活躍――オリンパスが医療機関向けハンディターミナル「PT1046」の Windows CE.NET 4.2 版を発売

■トピックスの内容


オリンパスは、医療機関向けハンディーターミナル「PT1046」 Windows CE.NET 4.2 版の発売を、7 月 6 日より開始した。同端末にはテンキーを採用したタイプと PDA(ファンクション)キーを採用した二つのモデルが用意されており、用途に応じて選択することが可能となっている。

同端末は、バーコードリーダー付きのハンディターミナルで、端末に入力した医療行為を、無線 LAN を介してカルテに記入することが可能となっている。業務用端末ということもあり、IP54 適合の高い防塵・防滴機能を備えており(消毒用エタノールでのふき取りが可能)、1.2m の高さからコンクリート上に落下させた後でも動作が可能だ。

基本的に業務用なので、一般のユーザーにはあまり関係のない端末ではあるが、PXA255 プロセッサ 300MHz というそれなりに高速な CPU のテンキー搭載端末というのは、なかなか魅力的なのではないだろうか? 7 月 14 日から東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ 2004」で一般ユーザーも実機を見ることが可能になっている。興味のある人は足を運んでみるといいだろう。


病院でも活躍――オリンパスが医療機関向けハンディターミナル「PT1046」の Windows CE.NET 4.2 版を発売


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3705d)