ACCESS がインターネットブラウザの最新版「NetFront v3.3」をリリース

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ACCESS がインターネットブラウザの最新版「NetFront v3.3」をリリース

■トピックスの内容

ACCESS は、同社が PDA や携帯電話などに提供しているインターネットブラウザ「NetFront」の最新版となる「NetFront v3.3」をリリースしたことを明らかにした。v3.3 では、“Dynamic HTML”の機能が拡張されており、既存の Web ページ内に表組を挿入するなどの、動的なページ変更が可能になる。また、さまざまな新機能が追加されている。

v3.3 で追加された新機能としては、ACCESS 独自のフレーム表示機能がある。この機能では、携帯機器などの小さな画面でもページを見やすくするために、フレームによって分割されたページをサムネイル表示することが可能となっている。また、ポップアップブロック機能や RSS / Atom Feed のサポートなど、情報収集のための機能も大幅にパワーアップしている。このほかにも、“日本語ドメイン.jp”などの国際化ドメインへの対応、サイト上で入力した ID / パスワードを記憶するパスワード・マネージャ機能など、最新の PC 用インターネットブラウザと変わらない機能を搭載している。
インターネット標準言語としては、WAP 2.0 / WML / HTML 4.01 / cHTML をサポートしており、画面サイズに合わせてサイトを再レイアウトする「Smart-Fit Rendering」、サイト表示を高速化する「Rapid-Rendering」などを利用することで、PDA をはじめとする情報家電端末でのフルブラウジングを実現している。

実際にどの端末に搭載されるのかは不明だが、「Opera」や、昨日発表された i モード用ブラウザ「Scope」など、今後もますます携帯端末でのインターネットブラウジングが快適になっていくのは間違いないだろう。


ACCESS がインターネットブラウザの最新版「NetFront v3.3」をリリース


Last-modified: Sun, 24 May 2009 23:45:30 JST (3768d)